会社の沿革  

                                                 

昭和27年2月  

     広島県呉市音戸町高須2-3-29にて、現会長の

    花岡信義が花岡鉄工所を創業し、主にボルト・ナット

    などの自動車用小物部品の切削加工を始める。


昭和38年6月

    業務拡張に伴い、音戸町高須2-9-4に新築移転し、

    資本金500万円で花岡鉄工株式会社を設立する。


昭和39年1月

    マツダ株式会社の一次協力工場になる。


昭和47年

    東友会協同組合に加盟する。
 

昭和48年12月

    資本金1,000万円に増資する。


昭和62年9月

    現在地音戸町波多見6-5-9に新築移転する。


平成15年3月

    ISO9001を認証取得する。

 

平成25年9月

    ものづくり補助事業に採択されました。

    事業計画名

    『ローリングマシンの導入による特殊ボルトのネジ転造の生産能力強化及び品質向上の実現』

平成27年5月

    ものづくり補助事業に採択されました。

    事業計画名

    『CNC自動旋盤の導入により高精度切削を実現し競争力を強化してユーザーの要求に応える』

令和元年11月 

    「事業継続力強化計画に係る認定」の取得

令和元年12月

     ISO9001:2015を新規取得
     

© 2015 - 2019  by 花岡鉄工株式会社